メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

アリババ創設者、月収20ドルからの「成功の理由」を語る

政界往来  公開日時:2014-10-02

 

米国でのIPOで新記録を樹立したアリババの創設者が、中国で成功した理由や、これからの戦略などを語った。

アリババの創立者であるジャック・マーは9月23日(米国時間)、ニューヨークで開催された「Clinton Global Initiative’s Annual Meeting」でこう語った。「100万ドルをもつ人は幸運だ。1,000万ドルをもつ人は苦労する。そして10億ドル以上をもつ人には責任がある」

その責任が同氏に重くのしかかってきたのは、アリババがIPO(新規公開株)の新記録を樹立した9月19日のことだった。このとき、電子商取引の巨大企業である同社は、IPOで250億ドルを調達したのだ(日本語版記事)。

アリババが米国のIPOで成功したのを見て、同社が米国進出の準備をしているのかどうか、そしてアマゾンやグーグルのようになれるのだろうかと疑問に思っている人も多いだろう… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線