メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

都内の1等地・代官山“ブルネイの王室の所有地”の売却を巡る「詐欺話」

編集部  公開日時:2014-09-23

 

 東京都内の有数の人気スポット・代官山に、この地域にはふさわしくない一角がある。荒れ放題になっている更地だが、1等地であることには代わりがない。該地はブルネイ皇太子の所有地とのことで、ブローカーがその売却話を持ち込んでいる。


 目黒区代官山――都内でも屈指のファッション性の高い地域として知られる。その代官山のランドマーク・ヒルサイドテラスの裏手に問題の土地がある。進入路はロックアウトされ、雑草が伸び放題になっている更地だ。
 実は、ブルネイの皇太子が豪邸を建設しようと計画、結局、とん挫した場所なのである。
 ブルネイといえば、豊富な石油資源によって、国民の税金の負担は殆どなく、恵まれた生活を送っている、と伝えられている。
 またブルネイ王族は世界有数の金持ちで、日本に来ては1流百貨店で、ゴッソリと買い物をしていくことも報じられる。
 同国の知識は、せいぜいこの程度かと思わ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線