メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

追及第8弾 “裏口入学斡旋業者”は中央大学の名誉評議員

編集部  公開日時:2014-09-14

 

殆どが不合格――齋藤博は実際に“裏口斡旋”に動いたのか?!

 医科大学への裏口入学斡旋の“詐欺話”が後を絶たない。最近でも代議士元秘書に話を持ちかけられ金をだまし取られた、という記事を全国紙が報じた。
“裏口入学斡旋業”といえば、中央大学の名誉評議員の齋藤博だ。その後、弊サイトには様々な情報が寄せられている。          (敬称略)


 東京都杉並区に居住する80歳代の男性が、中津川博郷前衆議の元政策秘書らに、13年度の埼玉医大の裏口入学の仲介名目で、約2100万円だまし取られた、と訴えている。
 この男性は受験生の祖父で、
「元秘書に埼玉医大の理事長や学長の特別な知り合いを紹介する。これまで何人かを合格させた“実績”があると持ちかけられ、約2100万円を支払った」(大手新聞社会部記者)
 という。
 だが元秘書らは医大側に働きかけた形跡はなく、受験者は不合格… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線