メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

「平安神宮」境内の商業施設を巡る問題

編集部  公開日時:2014-09-14

 

スジの悪い情報源を基に作られた『宝島』の記事
続報の予告を打ったが次号で掲載されず

 弊サイトでは『宝島』8月号に掲載された“平安神宮に噴出した2億円トラブルと山口組暗躍”との衝撃的なタイトルが打たれた記事についての“疑問”について報じてきた。その内容は同記事は、ある意図をもって作られたもので“目的”は京都平安振興財団の代表理事・足立健司氏を貶めるものだ、と指摘した。その後の取材で浮き彫りになってきたことをレポートする。


 これは簡単に言うと、京都の有名寺院「平安神宮」の境内で計画されている商業施設建設計画を巡ってのもので『宝島』はこの計画において、プロジェクトを進めてきた一般社団法人・京都平安振興財団の代表理事・足立健司氏が暗躍。そして不透明な2億円という巨費が流れ、さらにこれには足立氏の知り合いの山口組暴力団も関与している、との記事を掲載した。
 しかし、2億円の金… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線