メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

ラスベガスMGMリゾーツCEOに聞く

政界往来  公開日時:2014-08-31

 

「日本型『カジノリゾート』に最大100億ドルの投資を考えています」

今年秋の臨時国会では、いわゆる「カジノ法案」が本格的に審議され、成立する可能性が高まっている。

大型ホテルやショッピング・モール、劇場などのエンターテイメント施設、国際会議場などを併設する「統合型リゾート(IR=Integrated Resort )」の日本での建設を後押しするための法律で、IRの中核になるカジノの解禁が柱になる。

IR事業には日本企業ばかりでなく、海外企業も参入に意欲を示している。そんな1社である米IR大手のMGMリゾーツ・インターナショナル(本社、米ラスベガス)で会長兼CEO(最高経営責任者)を務めるジェームス・ムーレン氏に日本進出に向けた意欲を聞いた。

ラスベガスには年間4000万人
――日本でのIR事業参入を検討しているそうですね。

ジェームス・ムーレン(以下J.M… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線