メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

危機アルゼンチンに「恩」売る中国のしたたか支援外交の“本音”は

政界往来  公開日時:2014-09-15

 

米国-中南米間にくさび、存在感増大へ蠢く

 アルゼンチンのデフォルト(債務不履行)問題に乗じ、中国が活発な支援外交を展開している。国際市場から事実上締め出されたアルゼンチンに対し、ダム建設などで巨額融資を表明。中国主導で設立する開発銀行を通じた援助への憶測も浮上する。背景には、米国と中南米の間にくさびを打ち、影響力を強めるしたたかな戦略がありそうだ。

 干天の慈雨

 アルゼンチンの債務返済問題をめぐる米ヘッジファンドとの交渉が暗礁に乗り上げ、デフォルトが秒読み段階となっていた7月18日。ブエノスアイレスの政府施設で、アルゼンチンのフェルナンデス大統領と笑顔で握手する中国の習近平国家主席の姿があった。

 中南米歴訪でアルゼンチンに立ち寄った習主席は、総額75億ドルを融資すると表明し、フェルナンデス大統領との協定に調印した。南部パタゴニアでの水力発電用ダムの建設費用のほ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線