メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

悪徳ブローカーなどに翻弄された事業主体の「上海電力」

編集部  公開日時:2014-08-24

 

福島県西白河郡西郷村の「メガソーラー事業」

 弊サイトがこれまで何度もレポートした福島県西白河郡西郷村を舞台にしたメガソーラー事業。様々な人種、人脈がささり込み、事業主体の中国企業「上海電力」が翻弄された。そこにはミサワホームの創業者・三澤千代治が地面師、悪徳ブローカーと組み、同社から1億円を騙し取っていたことも発覚している。とにかく、次から次と問題が噴出した。       (敬称略)


「詐欺師というのは懲りずに何度も同じサギを繰り返すものです」――警視庁捜査2課の元刑事の言葉である。
 弊サイトが追及している“裏口入学専門”の詐欺師・齋藤博は、その典型だ。
 野口勝男――不動産ブローカーの間では“新橋の野口”で、その名が轟いてる男である。
 こちらは“不動産専門”の詐欺師だ。印鑑、権利書、登記簿謄本などを手当たり次第に偽造し、地主に成りすまして他人の土地を売り払うと… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線