メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

なぜアマゾンより図書館の方が勝っているのか―今のところ

政界往来  公開日時:2014-08-30

 

 多くの企業は、映画やテレビ番組をいやというほど見るために米ネットフリックスと視聴契約を結ぶように、消費者が電子書籍を読むのに毎月料金を払うことを望んでいる。気にすることはない。代わりに公立図書館のカードを手に入れればいいのだ。

 公立図書館?米アマゾンは最近、月に10ドル(1020円)払えば60万点の電子書籍が読めるサービス「キンドル・アンリミテッド」を始めた。新興企業のオイスターやスクリブドも似たようなサービスを提供している。かび臭くて古い組織がテクノロジーを使った破壊者から身を守れることはそれほど頻繁にはない。

 しかし、図書館員らは、読書をする人々にインターネットが不適切なことを迫ろうとしている時に、ただ座しているだけではなかった。米国の公立図書館の90%以上は「iPad(アイパッド)」や、しばしばキンドルでも読める電子書籍を蓄積しているのだ。店に足を運んだり期限切れ料… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線