メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

スポーツ庁、100人体制 来年度発足、長官は民間人登用

政界往来  公開日時:2014-08-17

 

 五輪開催準備や競技振興などのスポーツ行政を一元的に担うスポーツ庁を、政府が平成27年度に約100人体制で発足させる方針を固めたことが9日、関係者への取材で分かった。文部科学省が来年度予算の概算要求で、必要な経費や人員を計上する。

 初代長官は、政治家や文科省の幹部らではなく、スポーツ界から民間人を登用する。2020(平成32)年の東京五輪開催に向けて、リーダーシップを示すことができる人材の選考を政府が進める。

 スポーツ庁は、各省庁の関係部門を一体化し、文科省の下部組織の外局とする。国が支出する強化費を一元的に管理し、五輪でのメダル獲得を目指す。トップレベルの選手育成に加え、子供から大人まで地域でスポーツに親しむ裾野を広げることも目標にする。

 政府は、秋の臨時国会で文科省設置法を改正して来年4月に発足させる考えだが、関係省庁との調整や法案の準備が終わっておらず、ずれ込… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線