メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

一般社団法人「日本龍馬会」が推進している“怪しい”坂本龍馬像建立計画

編集部  公開日時:2014-08-13

 

すでに台座の銘石版を1口1万円で募集を展開?

 幕末・維新の志士で好きな人物を挙げろと言われれば、まず間違いなく坂本龍馬の名前が出てくるハズだ。その“人気者”坂本龍馬像を建立し台座にプレートを並べるという計画で、そのプレート代金1口10000円を募っている団体がある。
 だが取材を進めていくと“怪しい”部分が、多々噴出してきた。


 坂本龍馬といえば、今さら言うまでもなく薩長同盟を成立させ、幕府の大政奉還を実現。慶応3年、京都・近江屋で中岡慎太郎とともに暗殺された幕末・維新の志士。とにかく、もっとも人気のある歴史上の人物の1人だ。
 その坂本龍馬像を建立するという話がある。〈今の日本および世界の危機的状況に積極果敢に行動、対処するための精神的シンボルとして建立する〉というものらしい。
 この計画を唱えているのは「一般社団法人・日本龍馬会」の代表理事の田中英雄氏。同財団が… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線