メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

佐世保殺害事件、生徒の父が謝罪  「決して許されぬ行為」

政界往来  公開日時:2014-08-16

 

 長崎県佐世保市の高校1年の同級生を殺害したとして逮捕された女子生徒(16)の父親が2日、共同通信の取材に知人の弁護士を通じて応じ、書面で「どんな理由、原因でも娘の行為は決して許されるものではない。おわびの言葉さえ見つからない」と謝罪した。

 書面で父親は「複数の病院の助言に従いながら夫婦で最大限のことをしてきたが、私の力が及ばず、誠に残念」と述べた。

 被害者に対しては「何の落ち度もない。人生の喜びや幸せを経験する時間を奪ってしまった。苦しみと無念さ、ご遺族の衝撃と悲しみの深さを考えると胸が張り裂ける思い。本当に申し訳ございません」と繰り返し謝罪した。

〓cf.〓
◎「兆候」どう向き合うか 最悪の結果、周囲後悔

 長崎県佐世保市で同級生を殺害したとして逮捕された高1の女子生徒(16)は、遺体を激しく損傷させた理由を「解剖したかった」と供述した。給食への異物混入や… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線