メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

追及第6弾 “裏口入学斡旋業者”は中央大学の名誉評議員

編集部  公開日時:2014-08-04

 

86年にも同様な手口で逮捕されていた齋藤博

 弊サイトの齋藤博の記事を巡る“外野の騒動”は、少々落ち着いた格好だが、水面下での動きは続いている気配だ。さて、この齋藤博は86年にも同じ手口で逮捕されていたことが分った。当時、一部新聞が、齋藤博の事件に打った見出しは“治らぬ詐欺病”だ。


 この男、こうなればもう病気だ。中央大学の名誉評議員、というより“裏口入学斡旋業・齋藤博”のことだ。
 前回(追及第5弾)、齋藤の35年前(1979年)の“封印された犯罪”について報じたが、実は、その後の調べで齋藤はその7年後の86年にも、逮捕されていたことが分った。
 このときの舞台は石川県の金沢予備校で、手口は一緒だ。同校の予備校生の父母らに裏口入学を持ちかけ、1億円を超える金を詐取した、という詐欺である。
 79年の事件で懲役5年の実刑を受けた齋藤に対して、当時のある大手新聞が、はか… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線