メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

過労自殺裁判のらりくらり…ワタミ変わらないブラック体質

政界往来  公開日時:2014-07-16

 

 最終損益が49億円の赤字に転落したワタミ。先月29日の株主総会後の講演会で創業者の渡辺美樹氏(54)は、ブラック企業批判が業績に影響したことを謝罪した上で、その大きな原因となった係争中の6年前の新入社員の“過労自殺”について「一生背負う十字架だ」と懺悔していた。
 さて、この会社は本当に変わったのか。3日、過労死第4回裁判が開かれた。

 これまでの公判でワタミ側は「労務管理に問題はない」との姿勢を貫いてきた。この日の法廷でも、会社の労務管理を知る上で不可欠な「24件の是正勧告及び17件の指導票、是正報告書」の提出について、「時期を限定してほしい」「本件との関連性が希薄」と、あれやこれや理由を付けてかたくなに拒んでいた。ワタミ側の準備書面を見ても、被害者が“休日出勤”させられていたボランティア研修等について「従業員の成長のために参加を推奨していたもので、強制していない。労働時間と認… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線