メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

追及第1弾  “裏口入学斡旋業者”は中央大学の名誉評議員

編集部  公開日時:2014-06-23

 

2億円を詐取したスゴ腕「斉藤博」

 子どもの将来を踏まえ“よりいい大学への入学”を望むのは、一般的な親心と言うべきものであろう。とりわけ医院を開業しているともなれば、跡を引き継がせるためにも、子どもが医学部に入学することを切望する親は少なくない。そんな親心を逆手に取った“裏口入学事件”が、たびたび発覚する。ここに裏口入学の仲介を“業”としているような人物がいる。その名は「斉藤博」――。


 大学受験シーズンを前後して、裏口入学事件が、度々新聞紙上を賑わす。主に裏口入学を約束して、依頼者から金銭を授受したにもかかわらず不合格となり、依頼者がそれを暴露するケースが多い。

 なかには“指定”された大学に、まったくコネがないため、なにも動かずに金だけを受け取る、という悪質なケースも散見される。

「受かれば“もうけもの”といった手口。いずれにしても、依頼者にも後ろ暗いところ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線