メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

トヨタ、アウディに惜敗 ル・マン挑戦を続けるワケ

政界往来  公開日時:2014-06-30

 

 トヨタ自動車の7度目の挑戦は、またしても王者アウディ(ドイツ)に跳ね返された。6月14日、15日にフランスで開かれた耐久自動車レースの最高峰「ル・マン」。優勝候補筆頭のトヨタは事故やエンジントラブルに見舞われ3位に終わった。しかしここで挑戦をやめるわけにはいかない。欧州メーカーはレースに勝つことで世界の富裕層をひき付け、ブランド力に直結させている。世界の高級車市場を制するために、ル・マンは避けて通れない道である。

■前哨戦はぶっちぎりの勝利だったが…

 3人のドライバーで24時間・5000キロメートル以上を走破するル・マンは「世界一過酷なレース」と呼ばれる。90年の歴史を持ち、最多優勝は過去16勝のポルシェ。最近はアウディが過去15戦で12勝を挙げている。

 だが今年の優勝候補はトヨタだった。レギュレーションの変更で得意とするハイブリッド技術をフルに活用できるようになり… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線