メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

中国、日本国債減らしの怪

政界往来  公開日時:2014-06-30

 

1年で保有残高6兆円減少 ちらつく対立の影

 どうも変だ。中国が日本国債の保有を減らしている。円安への対応と取れなくもないが、それだけでは説明がつかない。目をこらすと、冷えきった日中関係の影がぼんやり見えてくる。

 「中国が日本国債を売っていることは市場で少し話題になっていた。それにしてもこれほど減るとは……」。ある外資系証券の幹部は驚く。

 財務省が最近まとめた国別の国際収支統計によると、中国が持つ日本国債の額は2013年末でおよそ14兆3千億円だった。12年末に比べ、ちょうど3割にあたる6兆2千億円の減少である。

 中国は10年に英国を抜き、海外で最もたくさんの日本国債を保有する国になった。08年のリーマン・ショックを機にドルへの不安が生じ、4兆ドル近い世界最大の外貨準備のうち、円にふり向ける割合を高めたためだ。

 一貫して増やしてきた日本国債を大きく減ら… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線