メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

はたして「黒幕」は“この人”なのか!? カジノビジネスを舞台にした「詐欺事件」

編集部  公開日時:2014-06-23

 

偽造された1億2000万円の領収書

 我が国でのカジノ開設が現実味を帯びてきた。それに呼応するかのように、民間でもカジノビジネスの研究が盛んになっているが、金沢工業大学の北谷賢司教授は、カジノビジネスに精通した人物として知られる。その北谷氏が専門のカジノビジネスに絡んだ“詐欺”の「黒幕」である疑いが持ち上がっている。


 自民・公明の与党だけでなく、日本維新の会や生活の党を含めた超党派議員団が旗振り役となり、カジノ解禁法が衆院に提出された。20年開催の東京五輪も視野に取り組む構えで、法案は成立する公算が大きい。
 カジノを推進しているのが、衆参両院の135人による「国際観光産業振興議員連盟(IR議連)」いわゆるカジノ議連だ。
 こんな状況下、民間の間にもカジノを核とする大型複合施設、IRの開発が今後の日本の経済成長に不可欠であるとして、カジノ開設への活動が活発化している。… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線