メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

知られざる「TSUTAYA」の深い闇 [2]

編集部  公開日時:2014-06-11

 

子会社がアダルトビデオの製作で荒稼ぎ

背後で見え隠れする“黒い人脈”

 別稿でツタヤのアダルトビデオにまつわる“過去”について報じたが、同社の子会社がAVの製作で、年間80億円の売上げを上げていたという。なにしろ“危ない商売”だ。裏の世界との深い関係も指摘されている。


 別稿でツタヤのアダルトビデオの貸し出しの絡む驚くべき「過去」について述べた。
 アダルトビデオといえば、ツタヤは子会社でその製作をしていたという。
 その子会社とは「トップパートナーズ」だ。
 別稿で登場したA氏が証言する。
「その会社は現在もあります(ツタヤのCCCが100%出資)。現在はAVの製作をしているのか分りませんが、トップパートナーズはこの事業で年額80億円以上の売上げがあった」
 当時(約6年前)の同社の“実態”は、こんな風だとA氏が続ける。
「AVの出演者を募集すると、毎日… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線