メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

中国金融改革、天安門事件との無視できない「類似点」

政界往来  公開日時:2014-06-17

 

 中国で民主化運動が武力弾圧された天安門事件から25年。中国は経済的に豊かになり、安定もしてきた。当時は不完全な政治改革が、混沌と暴力、そして後退を招いた。今の中国でそうしたリスクは低いが、金融システムでは当時を連想させるような不穏な空気が広がりつつある。

 最近では中国の市民は、政治的制約をほとんど受け入れている。当局は情報のやり取りを監視し、集会を厳しく取り締まっている。1989年当時の記憶は、急速な所得の伸びの影で風化しつつある。外国からの投資も増えた。経済協力開発機構(OECD)によれば、海外から中国への投資額は1990年には28億ドルに過ぎなかったが、2013年までにはその40倍近くに膨れ上がった。

 金融面の制約は政治面ほどは強くない。確かに、銀行の預金金利は1年の定期なら年3%強に上限が設けられている。ただ、より魅力的な投資商品も増加している。バークレイズによると… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線