メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

<script type="text/javascript">rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0408ef80.6c42e92b.09107b03.2087fd89";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="250x250";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1515987454941";</script><script type="text/javascript" src="https://xml.affiliate.rakuten.co.jp/widget/js/rakuten_widget.js"></script>

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

市議会が愛媛県の社会福祉法人「エンゼル」および愛媛銀行のの疑惑追及に動き出す

編集部  公開日時:2014-06-01

 

 弊サイトが昨年の6月に報じた愛媛銀行が社会福祉法人「エンゼル」(愛媛現伊予郡 勝見安美理事長)に行った迂回融資疑惑が、1年を経た今、大きく動き出したという。目下、取材中であり、詳述はできないので今回はその“さわり”だけを述べる。


 この問題の発端は愛媛県伊予郡松前町で幼稚園を経営している勝見安美氏が、平成12年に老人ホームの設立を計画したことだった。

「建設にあたって、勝見氏は国や県の補助金を活用することにした。それには自己資本が必要で、勝見氏は愛媛銀行から融資を受け、平成12年7月に社会福祉法人・エンゼルを設立した」(当時、取材したジャーナリストのM氏)

 結論を先に言うと、勝見氏は愛媛銀行からのこの借入金を自己資金としたのである。

 しかし自己資金とは、文字どおり「自己」の資金であり、借入金をあてることは認められていないので、内実は少々複雑だ。

「愛… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線