メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

「ザ・金貸し」無罪判決の衝撃

政界往来  公開日時:2014-06-16

 

大島SFCG元会長の資産隠し事件

<特異な金融スキャンダル>

 誰もが予期していなかった無罪判決だった。商工ローン大手SFCG(旧商工ファンド)が経営破綻前に資産を隠したとされる事件で、東京地裁は4月30日、元社長兼会長大島健伸被告(66)の資産隠しを認めず、民事再生法違反(詐欺再生)と会社法違反(特別背任)について無罪とする判決を言い渡した。東京地検は5月14日、「地裁判決を覆すのは困難」と判断して控訴を断念した。これで無罪が確定した。
 地裁はこの判決で、虚偽の債権譲渡登記をした電磁的公正証書原本不実記録・同供用罪については有罪と判断し、懲役1年6月、執行猶予3年を言い渡している。

 史上空前の資産隠しと大騒ぎになったSFCG事件は無罪が確定し、司法が資産隠しにお墨付きを与えた格好だ。お咎めなしの審判に、釈然としない向きは多かろう。

<SFCGと共倒れした日… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線