メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

疑惑を呼ぶFX取引業者「FXプライム by GMO」の“隠微”体質 №2

編集部  公開日時:2014-05-14

 

損失制限を利益制限にプログラムミスを44日間も放置――客の逸失利益は?

 去る5月1日、りそな銀行は池袋支店に勤務していた行員が、取引先の会社経営者らにFXによる資金運用を勧誘して、約1億3500万円を消失させたことを明らかにした。ここ2〜3年こうしたFX、すなわち外国為替証拠金取引がらみの事件やトラブルが目立つ。
 さて、前回報じたFX取引業者「FXプライム by GMO」の“隠微体質”だが、同社の主力商品に“根本的な欠陥”がある可能性が強いことが判明した。


 FX取扱業者のFXプライムbyGMO(東京都渋谷区桜丘、鬼頭弘泰社長)が自社の提供するシステムトレーダー「選べるミラトレーダー」を契約している顧客に対すて、2014年3月1日〜2日に緊急システムメンテナンスを実施すると通知した。

 しかし、その後この“緊急”システムメンテナンスの必要性や具体的内容の開示を求… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線