メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

プロスケーター・渡部絵美が詐欺の被害に

編集部  公開日時:2014-05-14

 

登場するのが“怪しい人脈”ばかりで真相は複雑怪奇

 フィギアスケーターの往年のスター選手である渡部絵美氏が、歯医者に貸した約500万円を踏み倒された、という詐欺の被害にあった。何の変哲もない詐欺事件に見えるが登場人物が怪しい者ばかりで、真相は少々複雑だ。


 渡部絵美といえば、全日本フィギア選手権8連覇、五輪に2大会連続出場という実績をもつプロスケーター選手。現役当時は今の浅田真央に引けを取らない人気で、現在もテレビに顔を出すことも度々だ。
 その渡部氏が九州に住む歯科医・立石登氏に貸した現金550万円が、返済されず“詐欺被害”にあった状況が続いている。
 この立石氏とは、
「九州や関東で複数の医療法人や学校法人の理事を歴任し、東京の調布市でも歯科医院を開業している」(立石氏を知る人物)
 という人物で、人づてに渡部氏を紹介され、
「定期預金をすぐに解約できないので… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線