メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

子どもの殺害事件増、死刑復活を求める声 トルコ

往来2  公開日時:2014-05-16

 

トルコでは子どもが犠牲となる残虐な殺人事件が相次いだことを受け、廃止された死刑制度の復活を求める声が強まっており、子どもを殺害した犯人に対する刑の厳罰化に政府が乗り出している。

 トルコでは欧州連合(EU)加盟を目指し、加盟条件の1つとして求められていた死刑廃止を10年以上前に決定し、その2年後に憲法に反映させたが、残虐な殺人事件が続いていることからその復活を望む声が上がっている。

 同国のイスラム系政党、至福党(Islamic Saadet Party)のユスフ・イギタルプ(Yusuf Yigitalp)副党首は、死刑を廃止したことによって犯罪が急増しており、死刑制度の復活は「絶対必要」だと語った。

 レジェプ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)首相は、EUに加盟したければ死刑制度の復活は不可能であり、代わりに子どもを殺した人物には例外なく… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線