メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

<script type="text/javascript">rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0408ef80.6c42e92b.09107b03.2087fd89";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="250x250";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1515987454941";</script><script type="text/javascript" src="https://xml.affiliate.rakuten.co.jp/widget/js/rakuten_widget.js"></script>

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

千葉県選出の自民党I参議の“集金力”と“実力度”

編集部  公開日時:2014-04-21

 

千葉県下の各自治体が発注する工事に絶大の影響力

 弊サイトで度々報じている千葉県下の自治体が発注する公共工事を巡る談合疑惑。それに絡んだ形で、これまた再三登場する自民党のI参議。
 その「集金力」「実力度」をレポートする。

 
「印旛の方は談合ができない状況ですが、成田市を中心とする北総地区は相変わらずです」
 千葉市内に本社を置く、ある土建会社の話だ。
 印旛土木発注の工事について“談合ができない状況”のワケは、ある会社(A社としておく)によるものだという。
「話し合いで工事で取ろうにも、A社が事前にその情報を発注側に流すのです。それで役所側はあわてるわけですが、その間隙を突いてA社も入札に参加して、安い金額で落としているのです。
 露骨なのは、たとえば継続工事のような場合、前に施工した業者が引き続き取るのが業界の暗黙の了解ですが、こうした工事についても情報を流す… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線