メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

東京医科大学病院の建設工事を巡る『週刊文春』の記事の波紋

編集部  公開日時:2014-04-14

 

 弊サイトも報じた東京医科大学病院建設工事を巡る闇。その後『週刊文春』が、詳しい経緯を報じたが、それが一層の疑惑を深め波紋を広めている。


 昨年の暮れに『週刊文春』が報じた東京医科大学病院の建設工事に絡む疑惑。タイトルは“大成建設副社長・右翼団体を使った450億円不正受注工作”というものだ。

 実は、東京医科大学の病院建て替え工事を巡っては、大成建設の多田博是副社長が、工事受注の裏工作をしていた、と弊サイトでも既報した。

 その内容を簡単に述べると、同工事の本命と目されていたのが大成建設だった。その裏にはリベートなど様々な疑惑などがあったわけだが、これ(大成建設の受注)に異を唱えたのが、同大学副学長の飯森眞善雄氏で、その直後から右翼団体の同氏に対する街宣活動が始まったというものだ。

 その後『文春』は、この右翼団体の動きに併せて多田副社長が、飯森氏に接触したこと… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線