メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

<script type="text/javascript">rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0408ef80.6c42e92b.09107b03.2087fd89";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="250x250";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1515987454941";</script><script type="text/javascript" src="https://xml.affiliate.rakuten.co.jp/widget/js/rakuten_widget.js"></script>

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

米で固定電話廃止の動き加速

政界往来  公開日時:2014-04-16

 

 1世紀余り米国民に信頼されてきた固定電話が、ついに思い出の品にすぎなくなりそうだ。

 米大手電話会社のAT&Tとベライゾン・コミュニケーションズは、全米各州に対し、「POTS(基本電話サービス)」と呼ばれる銅線で結ばれた古い固定電話システムの廃止を働き掛けている。POTSは、信頼性が高くサービス範囲も広く、100年以上にわたって親しまれてきた。

 米国では、すべての住民に対し地元電話会社のPOTSを受けられるよう保証する、いわゆるユニバーサル・サービスを止めるのを認めたか、それを検討する州が増えている。先週にはミシガン州がこれに加わり、全米で30州以上に達した。

 AT&Tとベライゾンは、POTSを廃止し、インターネット・プロトコール(IP)・システムに切り替えることを目指している。そうすれば、有線、無線のブロードバンド・ネットワークを利用して、電話だけでなくインターネ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線