メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

小保方晴子さん【STAP細胞】の代理人、三木秀夫弁護士ってどんな人?

政界往来  公開日時:2014-04-08

 

船場吉兆や阪急阪神ホテルズを調査

STAP細胞の論文について「小保方晴子さんによる捏造・改ざんがあった」と4月1日に理化学研究所(理研)が発表した問題で、ユニットリーダーの小保方晴子さんは「承服できません」として、期限の4月9日までに理研に不服申し立てをする予定だ。47NEWSなどが報じた。

代理人を務める大阪弁護士会の三木秀夫弁護士によると、理研の調査結果への不服申し立ては来週前半にする方向で調整している。小保方氏は自ら説明したいとの意向を示しており、後日記者会見することも検討している。

(47NEWS『小保方氏 来週前半不服申し立て STAP論文「撤回せず」』2014/04/02)
徹底抗戦の構えを示す小保方さんの代理人を務めるのは、三木秀夫弁護士だ。彼の名前を知る人からは「船場吉兆、阪神阪急ホテルズの調査をした人ではないか」と、驚きの声が広がっている。

弁護… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線