メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

「有能な派遣社員」vs.「無能な正社員」

往来2  公開日時:2014-04-30

 

解雇規制緩和は進んでいるのか

 4月に入り、新社会人の生活が一斉にスタートしました。これは来年に向けての就職活動が本格的に始まったことも意味しています。来春には改正労働者派遣法が施行される可能性が高く、派遣労働者の数はさらに増えることが予想されます。働き方の多様化がさらに進むことになりそうですが、これはどう理解すればよいのでしょうか?

 政府は原則として働き方の多様化を進める方向性で労働政策を進めており、解雇規制の緩和や派遣法の改正などについて議論してきました。基本的には新卒として入った会社で一生働くということだけを前提とせず、様々なパターンの働き方ができるよう、制度を整え、雇用の流動化を促進するという考え方です。

 しかし、すでに正社員となり終身雇用が保障されている人からの反発が大きいことや、現時点において正社員と非正規社員の待遇に大きな違いがあるため、雇用の流動化を進… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線