メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

世相を映し巧妙に進化する「特殊詐欺」

編集部  公開日時:2014-04-01

 

「太陽光発電」に続き「シュールガス」をネタにした詐欺事件

 いまだ被害者が多く出ている振り込め詐欺をはじめとする、主に高齢者を狙った詐欺の総称を「特殊詐欺」という。とにかく、この特殊詐欺事件は後を絶たない。昨年1年間の被害総額は、初めて400億円を突破した。
 そして、また新たなものをネタにした特殊詐欺が――。


 警視庁は先般、特殊詐欺犯罪に対するこれまでの対応では、被害防止ができなくなったとして、警視庁の全部門で対応できるよう、全国の警察本部に異例の指示を出した。
 それだけ特殊詐欺が増え、被害に歯止めがかかっていない証左だが「詐欺」という犯罪、手口は常に巧妙に“進化”する。
 ひと昔前は“M資金”や、その類型さらには国債の還付金などの詐欺が横行した。
 最近では、時代を反映した形で「太陽光発電」を道具にした詐欺が起きている。弊サイトが再三報じた「東北復興再生エネ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線