メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

韓国「現代自」燃費の誇大表示で謝罪 ミスか、それとも水増しか…

政界往来  公開日時:2014-04-02

 

米国などでは品質評価がた落ち!?

 韓国の自動車最大手、現代自動車が新型車の燃費を“誇大”表示していたと複数の米メディアが報じ、自動車関係者の間で驚きが広がっている。現代自は一昨年、米国で約90万台におよぶ燃費性能の“水増し”が判明し、品質評価がガタ落ち。米市場の立て直しを賭けた今回の新型車でも誤表示が発覚した影響は大きい。業界では「常習犯だから…」といった厳しい声も出始めている。

現代自の説明「うのみにできない」

 燃費性能の“誇大”表示が見つかったのは主力車種の中型セダン「ソナタ」の新型車。米ウォールストリート・ジャーナルなどによると、《現代自は3月4日、新型ソナタの燃費について、ガソリン1リットルあたり平均12.6キロと発表。14日に独自のテスト結果を公表した韓国政府は、同12.1キロだったと述べていた》と説明し、同17日に現代自側も燃費に誇張があったと謝罪した、と… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線