メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

免税「油」を悪用した不正給油に“介在”している疑惑が持ち上がっている千葉県議

編集部  公開日時:2014-03-24

 

 弊サイト2月1日号で報じた“「免税重油」横流しに介在するのは安房地域のバキューム利権を牛耳る地元県議”(タイトル)。その後も取材を続けていたが、当の地元選出県議は「取材拒否」だった――。


「油」を巡ってはこれまで様々な形の事件が起き、新聞沙汰になったことが少なくない。

 たとえば、福岡県では軽油取引税の大がかりな免税証不正使用事件が発覚して、県内の石油販売会社や土木建設会社の役員などに対して、総額9200万円の罰金通告処分を行った。

 軽油取引税は自動車・船舶などのディーゼルエンジンに使用する軽油の取引きに係る道府県税。しかし同税は、道路財源に充てる目的税のため軽油の用途が道路使用に、直接の関連が有しない場合申請に基づいて「免税証」が交付される。

 ここにカラクリがある。この事件は免税証の交付を受けた土木業者らが、それを石油販売業者に譲り渡したというものだ。そ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線