メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

大量の中国人、済州島を実効支配?

政界往来  公開日時:2014-03-16

 

 中国「大陸」からの観光客は、福岡の繁華街にも、台湾観光地にも多数流れ込んでいるが、韓国にも同様の現象が起きている。ソウルや釜山のレストラン、喫茶店(スターバックス、シアトルズベストなど)、百貨店、地下鉄など公共の主要機関は中国人で溢れ、地元民以外には利用しにくいはずの「路線バス」にも中国人乗客が多いと言う。

 かつては日本人観光客が多かった韓国の主要観光地。しかし、円安や北朝鮮の政情不安(韓国と北朝鮮は別の国家だが、『同じ半島』として括ってみる傾向が日本人の年長者には強い)、日韓領土問題などから、日本人の姿は減り、代わって、中国人の姿が圧倒的に増えた。かつては紫や赤などの原色系の色を着ていれば「中国人」と、服装の色合いでの判別が可能だった。しかし、最近は、ユニクロなどアパレル業界も国境を越えての展開をしているため、若者ファッションが統一化し、見分けがつきにくい。それでも、地元韓国人… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線