メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

サムスン、晴れ舞台でまさかの屈辱 大画面対決に敗れ、監督はステージ放棄

政界往来  公開日時:2014-03-15

 

 「デジタル家電の王者」として君臨する韓国サムスン電子が、米ラスベガスで今月7〜10日に開かれた世界最大の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」で2度、“屈辱”を味わった。

 自信満々で臨んだテレビの大画面対決で、同じ韓国のLG電子に敗北。さらに展示概要の発表会では登壇した米ハリウッドの大物映画監督がしどろもどろになり、「恥をかかせた」と波紋を呼んでいる。営業利益も2年ぶりに減益になるなど、サムスンは失速ぶりが目立ち始めている。

 有機ELでLGに敗北

 テレビはCESの展示でも一番の花形製品。かつては日本企業の独壇場だったが、近年はテレビで世界シェア1位のサムスンが覇権を握っている。

 技術力を競う主戦場は、液晶から次世代テレビの主力になるとみられる有機EL(エレクトロルミネッセンス)に移行。サムスンも70型超の大画面有機ELテレビを準備… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線