メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

オスカー像 リベラルに針路 アカデミー賞「それでも夜は明ける」に作品賞

往来2  公開日時:2014-03-15

 

 米映画界最高の栄誉とされる第86回米アカデミー賞の発表・授賞式が3月2日午後(日本時間3日午前)、米ハリウッドで行われた。作品賞は米の黒人奴隷制度が題材の「それでも夜は明ける」(スティーブ・マックイーン監督)、監督賞は宇宙SF「ゼロ・グラビティ」のアルフォンソ・キュアロン監督(52)に輝いたが、マックイーン監督(44)は黒人で、キュアロン監督もヒスパニック(中南米)系と、非白人が主要賞に居並んだ。マイノリティーを重視し、人種や価値観の多様化に踏み出したアカデミー賞の姿勢を世界に知らしめるかつてないメッセージとなった。

 奴隷制耐えた人々に

 「すべての人は危機を乗り越え生き抜くに値する。奴隷制度に耐えたすべての人々にこの賞をささげます」

 英国生まれの黒人、マックイーン監督は壇上で黒人監督として初めて作品賞を受賞した喜びをこう語り、最多7冠に輝いた「ゼロ・グラビティ」の… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線