メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

福島県大玉村発注の除染作業を受注した“不可解”な一般社団法人「福島除染復興事業推進協議会」

編集部  公開日時:2014-03-03

 

 福島県内の除染作業が遅々として進んでいない。そんななか、福島県大玉村が発注した除染作業で、トラブルが生じている。地元在住のジャーナリストS氏が、取材を進めていくと“謎”の一般社団法人が受注していることが判明した。


 ――大玉村が発注した除染事業で、下請け業者が除染の終了した約20世帯に除染費用として計約一千万円を直接請求していたことが13日、分った。村によると、請求は1世帯当たり約30万〜百数十万円とみられ、これまで支払った世帯はないという。下請け業者と元請け業者間で支払いを巡るトラブルがあったとみられる。

 村によると、請求のあった除染地域は「大玉3区その2」で、世帯数は約80世帯。昨年9月から除染に着手している。作業は郡山市の元請け業者が約1億円で落札した。――

 こんな記事が、1月14日付の福島県の地元紙に載った。もとより、除染費用は住民が払う必要がない。その… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線