メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

ビットコイン預金者を誰が救済するのか

政界往来  公開日時:2014-03-02

 

一国の大手証券会社が理由も示さず、突然店舗を閉めたらどうなるだろう。顧客はパニック陥り、ライバル企業の顧客も気が気でないはずだ。これと正に同じことが仮想通貨「ビットコイン」で起こった。

東京にあるビットコイン取引所「Mt.Gox(マウント・ゴックス」は25日、何の説明もなく、突然ウェブサイトを停止。その後「当面、全ての取引を停止することを決定した」とする文書をサイト上に掲載した。

マウント・ゴックスは先に「トランザクション展性」というバグが存在し、ハッキングを受ける恐れがあることを認めていた。

インターネット上の反響は凄まじい。マウント・ゴックスの内部メモとされるものが出回り、絶対に安全だったはずの顧客の口座からビットコインが盗まれたとの情報が流れている。このメモの真偽のほどは定かではない。

bitcoinaverage.comによると、ビットコインの価格は他の取引… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線