メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

<script type="text/javascript">rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0408ef80.6c42e92b.09107b03.2087fd89";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="250x250";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1515987454941";</script><script type="text/javascript" src="https://xml.affiliate.rakuten.co.jp/widget/js/rakuten_widget.js"></script>

ギルド的

総水銀とは

公益財団法人とは

原理主義

地方競馬全国協会

木嶋佳苗被告

ウッドプラス中津事業協同組合

京都市洛和会音羽病院

福島県楢葉町草野孝町長(朝日新聞の取材)

コスタ・クロチエレ社(コスタ・クルーズ)

東電弁護団【長島・大野・常松法律事務所】

駿河台日本大学病院

天理教

水谷建設
ザ・クリニック

 

        

    

政界往来へのご出稿について

 

 

        

 

社会 / SOCIETY

別項「上海電力」同様、中国企業が日本に“侵食”――

編集部  公開日時:2014-02-22

 

ウソで固めた「WWB」の乗っ取り劇

 別稿で報じた太陽光発電を日本で展開するとして登場した「上海電力日本株式会社」。その問題についてはそこで詳しく述べているが、とにかく最近、このような中国企業の“日本侵攻”が目立っている。しかも、それが“まとも”ではないのだからヤッカイだ。「WWB」(東京都品川区・龍 潤生社長)なる企業もその種の会社だ。


 海から空からと中国の日本への侵犯は止まることを知らない。まさに無法極まりない国だ。だが、中国の傍若無人ぶりはなにも領空、領海に限ったことではない。

 国家を背景にした圧倒的な資本力でもって、日本の経済にも“侵食”しているのだ。

 別稿の上海電力日本株式会社は、日本の電力市場を標的に、知らぬ間に日本の“国土”までも買収しようとしている象徴的な事例だ。

 中古の建設機械や太陽光発電システムを扱う「WWB」なる企業も、そのひ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線