メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

三菱地所の「超高級マンション」が欠陥工事で販売中止支払った手付金はどうなる?

政界往来  公開日時:2014-02-28

 

三菱地所「超高級マンション」が欠陥工事で販売中止・・・「手付金」は戻ってくるの?


三菱地所レジデンスが売り出した超高級マンションで、大規模な「欠陥工事」が完成間近に見つかった事件が、波紋を広げている。

東京・青山の一等地にあり、最高価格3億5000万円、最多価格帯が1億4000万円台という「億ション」にもかかわらず、全86戸のうち83戸が売約済みという人気ぶりだった。しかし、配管設備に致命的な欠陥があることが発覚し、3月に予定されていた引き渡しは中止となった。改修には一年以上かかる見込みで、三菱地所レジデンスはマンション購入者に契約の合意解除を申し入れているという。

同社は解約のために、「手付金」を返したうえで、さらにその2倍にあたる金額を契約者に迷惑料として払う方針だと報じられている。高級マンションだけあって、手付金も1000万円を超えていたそうだが、この手付金とは… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線