メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

全日空機が泥酔客をアメリカに引き渡したのは正しいという3つの理由

政界往来  公開日時:2014-02-28

 

 今週、成田空港発のニューヨークJFK行きの全日空10便が飛行中に、乗客の男が泥酔して暴力行為をはたらいたり暴言を吐いたりしたため、同機はアラスカ州のアンカレジ空港に着陸し、容疑者は地元の警察に引き渡されたという報道がありました。

 記録を見ますと、同機は午前11時10分に成田を離陸してから、約7時間25分後の現地時間午前12時35分にアンカレジに着陸。約4時間半後の午前5時2分に同空港を離陸して、JFKには午後3時11分に到着しています。予定より約6時間遅れての到着でした。この影響で、折り返しのJFK発の9便成田行きも6時間遅れ、また同経路の「遅便」である1009便も「早便の9便より先に出す」わけには行かなかったのでしょう、1時間遅れとなっています。

 報道によれば「男性は周りの乗客や客室乗務員に向かって大声でわめき出した。おとなしくするよう機長が警告したが、従わなかった」と… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線