メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

「奇跡の詩人」もウヤムヤ…NHKが駆け込む“障害者路線”

政界往来  公開日時:2014-02-17

 

NHKは佐村河内氏の共犯なのか

 他人の作曲で国民をダマした「現代のベートーベン」佐村河内守(50)。目下の問題は、本当は耳が聞こえているのではないかということだ。実際、ゴーストライターの新垣隆氏(43)は彼が聴覚障害者のふりをしていたと明言している。

 ならばNHKの責任は軽くない。昨年3月、同局はNHKスペシャル「魂の旋律〜音を失った作曲家〜」を放送。これが話題を呼んで佐村河内は時の人となり、NHK出版は「魂の旋律―佐村河内守」(古賀淳也著)という本も出版した。

 だがその一方で、「実は聞こえてるんじゃないか」という声も上がっていた。番組では、佐村河内は35歳で完全に聴力を失い、相手の唇の動きを読んで会話していると解説していたが…。

「佐村河内氏はサングラスをかけて会話していました。あの状況で相手の唇の動きを正確に把握できるか疑問に思っていました」(ノンフィクシ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線