メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

家計圧迫するスマホ通信料、増税前の劇的削減ワザ

往来2  公開日時:2014-02-16

 

スマホ1台持ち編

 スマートフォン(スマホ)に乗り換えてから、毎月の利用料金に頭を痛めている人は少なくないはずだ。NECビッグローブの調査によると、スマホユーザーの平均月額利用料金は6785円。半数以上の人が「料金の高さに不満がある」と回答しているという。しかし、諦めることはない。スマホの通信料金は、工夫次第で劇的に下げることができる。消費税が8%に上がり何かと家計の出費が増える今年、スマホ料金の削減に本気で挑もう。スマホ1台持ちと複数台持ちの2回に分けて、節約ワザを伝授する。(注:通信料金の情報は2013年12月時点のもの)

 スマホの利用料金が高い理由は2つある。一つは、従来型の携帯電話とは異なり、音声通話での無料通話分がないこと。もう一つはデータ通信のパケット定額料金が6000円近いことだ。しかし、実はどちらも劇的に下げる技がある。

 まず音声通話。誰にでも勧められ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線