メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

突如の「引退宣言」で最高収益〜(株)ジャパネットたかた・高田明社長

政界往来  公開日時:2014-02-16

 

 テレビショッピングでお馴染みの、家電通販のリーディングカンパニーとして知られる(株)ジャパネットたかた。九州・長崎から「消費者に感動を伝え、新しいライフスタイルを提案する」を理念とした販売スタイルで売上高1,000億円を超えるメガ通販企業に成長。ここ数年は業績の減少から「今期の利益が最高収益の136億円に達しなければ社長を辞する」と発表し業界内を驚かせたものの、見事に最高収益を達成し、健在ぶりを示した。今回、同社社長の高田明氏に、企業理念や、理想と実現に向けた事業成功への取り組みについて大いに語っていただいた。        (聞き手:鹿島 譲二)

<市場は工夫して広げるもの>
 ――まず、2013年度の業績について教えてください。

 高田明氏(以下、高田) 2013年12月期は売上高が1,423億円で、当期経常利益は153億円になる見込みです。

 ――不況のなか、こ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線