メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

滋賀県近江八幡市が発注した「学校給食センター」の“その後”

編集部  公開日時:2014-02-01

 

受注した大木建設とアイホーが指名停止に

 幣サイトで、昨年の7月20日付で報じた滋賀県近江八幡市が発注した「学校給食センター」の建設工事。工事は遅れに遅れて、昨年の暮れにようやく完成した。その裏には既報した通り、入札―受注に至るまでに様々な疑惑が噴出したからだ。
 そしてコンサルタント料を“無視”された人物が、大木建設(東京都江東区 渡邊徹社長)とアイホー(愛知県豊川市 宮崎眞一社長)を相手取り、提訴する構えで、法廷で全てを明らかにする意向だ。


 この「近江八幡市学校給食センター」建設工事は、昨年の夏休みを終えた2学期(9月)を迎えるまでの完成予定だった。
 だが、工事は大幅に遅れに遅れ、年が押し迫った年末に完成した。
 その理由は“表向き”は、
「建設工事を受注した大木建設が、この種の工場が初めてだった」(関係者)
 とのことだ。
 いくら初めてだと言っても、… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線