メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

 


          

 

朝日新聞2012年3月15日朝刊トップ

テニス 4大大会(グランドスラム)

東宮職医師団見解文:皇太子妃

いわきプレステージカントリー倶楽部

島田紳助

 


長い間月刊誌でご愛読くださった皆様には、今後はウェブサイトでご愛読いただけますと大変有り難く存じます。


政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

 

文化 / CULTURE

「維新銀行 第二部 払暁」〜第1章 谷野頭取交代劇への序曲(7) 【北山 譲】

往来2  公開日時:2014-02-28

 

<二頭体制崩壊の背景(7)>
 維新銀行では、絹田頭取時代から伝統的に組合幹部出身者を重用する方針を打ち出し、数多くの組合出身の取締役が誕生した。絹田頭取の跡を引き継いだ植木頭取もそれを踏襲したが、決して盲目的な登用はしなかった。たとえ組合幹部出身者であっても、手元において人物を見てからしか役員には登用しなかった。

 しかし植木会長が亡くなり、谷本頭取が名実ともに実権を掌握するようになると、組合幹部出身者に加え、植木会長と同窓の西部大学出身者に代わって、S大学出身者の幹部登用が目立つようになった。それは同時に第五生命の山上正代の保険勧誘の協力者たちが増えることを意味していた。

 山上正代と面識がない者も、彼女の存在を無視はできなかった。

 例えば、こんなことがあった。
 最近はインターネットが普及し人事異動も発令と共に当日中に知ることができるようになったが、以前は一般… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線