メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

スリッページ

中国「影の銀行」

談 合

スリーボンド(株)

古谷建設

経団連

ライオンズクラブ330-A地区

(株)デイリーエッグ

塩田大介

双海通商

 

政界往来の使い方

 

政界往来へのご出稿について

 

経済 / ECONOMY

「サムスンは今がピーク。成長続けると思えぬ」と大前研一氏

政界往来  公開日時:2014-01-30

 

「アベノミクス」が始まって1年が経ったが、株価が動くだけで実際の成長は覚束ない状況が続いている。では、世界経済はどう動いていくのか。大前研一氏が「世界経済のプレイヤーの中で、先進国に仲間入りできそうでできない」と話す韓国経済について展望する。

 * * *

 先進国の定義は「1人当たり国民所得が3万ドル以上」だが、まだ韓国は2万4000ドル台(2013年推計値)で、長く2万ドル台前半から抜け出せずにいる。

 韓国は、いわゆる「中進国のジレンマ」に陥っている。成長に伴って賃金が上昇したものの、さらに低賃金の国の労働力によって輸出競争力を失い、その一方でイノベーションができないため、先進国になりきれない状況だ。戦後の日本やドイツはそれをクリアしたが、韓国はその段階から抜け出せないでいる。

 韓国が先進国になることは「エンジンを持たない飛行機が飛ぶようなもの」と言われる。… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線