メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

徳洲会と三井住友の癒着判明

政界往来  公開日時:2013-12-20

 

 独裁的絶対権力は絶対に腐敗する。民間の団体・組織も同様である。徳田虎雄が君臨した徳洲会も例外ではない。最近になって、彼のスポンサーが同会関係筋の証言で判明した。なんと日本最大の財閥・三井住友だった。このメガバンクは「今あわてて融資した資金回収に動いている」というのだ。自業自得とはいえ、政府与党を自在に操る超巨大財閥銀行も、いってみれば「犯罪組織に莫大な融資をして、暴利を得ていたことになる」(元自民党秘書)というわけだから、これは天下の一大事である。目下、表面化しているみずほ銀行の比ではない。


<病院の腐敗はリネンサプライにも>

 この機会に病院の小さな腐敗も紹介しよう。医療問題に詳しい人物が「リネンサプライ」と、これまで聞いたこともない言葉を教えてくれた。確かめると、入院患者が必ず利用するもので、その典型的なものが1日で着替えをする寝巻だという。
 たかが寝巻と馬鹿にし… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線