メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

政治 / POLITICS

張成沢氏に死刑執行、「大粛清」が進行 複数の党幹部処刑、副首相2人も中国に脱出説

政界往来  公開日時:2013-12-20

 

朝鮮労働党のすべての役職を解任されていた張成沢(チャン・ソンテク)氏に対する特別軍事裁判が2013年12月12日開かれ、国家転覆を試みたとして死刑判決を下した。死刑は即時執行されたという。12月13日、労働党機関紙の労働新聞と国営朝鮮中央通信が伝えた。
すでに処刑が伝えられている複数の党幹部についても批判しており、処刑が事実である可能性が高い。韓国のケーブルテレビは張氏に近かった副首相2人が中国に脱出し、亡命を申請していると伝えている。北朝鮮で「大粛清」が進行している可能性もある。

「犬にも劣る醜悪な人間のくず」と罵倒

配信された記事では、張氏を「犬にも劣る醜悪な人間のくず」と表現。金正日総書記の死去に乗じて政権転覆を試みたと非難している。記事によると、張氏は審理の過程で、
「国の経済実態と人民の生活が破局的に広がるにもかかわらず、現政権が何の対策も立てるこ… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線