メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

1部上場会社「大東建託」の“理不尽”“不可解”な動き(1)

編集部  公開日時:2013-12-13

 

「新紀尾井町法律事務所」から届いた「通知書」

 まったく不可解なことである。筆者(本文では私という1人称で表記する)のところに、取材を申し込んでもいないのに唐突に、見知らぬ法律事務所から、配達証明郵便で「通知書」が届いた。その内容たるや“驚くべき内容”で“言論封殺”であり取材妨害だ。とにかく「怒り」と「不快感」が込み上げてきた。


 一括借り上げる不動産事業を主として展開する大東建託(東京都港区 熊田真美代表)といえば、過去にはその強引な商法で、顧客とのトラブルが報じられたことが度々だ。
 また07年には藤枝支店で営業を担当していた社員が、パワハラによって自殺した事件があった。
「会社の損失の穴埋めを上司らに強要されて、精神的に追い詰められたのが原因で自殺した。遺族は島田労働基準監督署(静岡県島田市)に、労災申請すると同時に会社を相手取り、4000万円の損害賠償を求める訴… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線