メインメニュー 政治政治のページへ経済のページへ社会のページへ文化のページへメインメニュー 政治

社会 / SOCIETY

追及第2弾 テリー伊藤の正体を暴く!

編集部  公開日時:2013-12-13

 

テリー側の“弁護団”による抗議で「文春」が腰くだけ?

 テリー伊藤の「カネ」と「愛人」について書いた『週刊文春』(13・11・7号)の記事。当初はもっと追及する予定だったが“あの程度”で終わってしまった。その裏には、複数の名前を連ねた“弁護団”の度重なる抗議で、同誌は“慎重”になったという。ならば「私が追及」すると、ジャーナリストのS氏が立ち上がった。


『週刊文春』の記事には、2つの出来事が書かれてあった。ひとつはテリー伊藤の愛人問題である。愛人と言うよりは「第2婦人」と記載があったように、事実上の夫婦みたいなもので、テリーは戸籍上の妻とは何年も疎遠な状態にある。
 先ず、その第1点目を紹介する(引用先はJ-CASTというネット放送)。
〈テリー伊藤「第2夫人」発覚でシドロモドロ…もう芸能人スキャンダルいじれない?!〉
〈テリーさんは奥さんとは長らく別居状態にあると聞… → 続きを見る


続きは会員様のみお読みいただけます。

 

会員の方は、こちらからログインしてください → 会員ログイン

 

会員登録をすると、続きをお読みいただけます → 会員登録

 

区切り線